釜山でまかないグルメ 2

3月29日のブログにも書きましたが
最近の私の趣味は
釜山「まかないめし」を食べることです。
まかないめしのほとんどが
普通の韓国の食事....なので、
素朴な味わいと和やかな雰囲気を体験できるのが
日本人の私には新鮮です。


今回は某ホテルの総支配人さんに
ホテルで契約している食堂に連れていっていただきました。
デスクワーク、フロント、ハウスキーパーと
ホテルではたくさんのスタッフが働いていますが
それぞれのシフトに合わせて、
ここにごはんを食べに来るそうです。

メニューは家庭食で
毎日、チゲ類やおかずが入れ替わるとか。
私が行ったのは日曜の午後。
ちょっと辛めの牛肉炒めのほか、
前日、マッコリを飲み過ぎたので
二日酔いに効く「コンナムルクッ」も出てきて
助かりました!!!


IMG_0460.jpg
☆ここの食堂は全体的に味が濃いめでした!


IMG_0462.jpg
☆海雲台市場入口から数件目右側(西側入口より)
 朝食を食べにくる日本人観光客も多いとか
ワッタカッタ☆プサニスト | comments (0) | trackbacks (0)

釜山でベトナム風しゃぶしゃぶ

先日、知人に連れられ、
海雲台新市街地にオープンした
ベトナム風しゃぶしゃぶ専門店
「しゃぶトゥル」샤브뜰 へ行ってきました。

ダシがうっすらきいたスープに
野菜と牛肉をたっぷり入れて、
さっと茹でる...
ここまでは日本のそれと大差ないのですが、
茹でた具材をライスペーパーに包んで
チリソースでいただくのが、しゃぶトゥル流。
コチュジャンやゴマダレを付けることも可能です。
途中、マンドゥ(餃子のような)や巾着(春雨入り)なども
一緒に茹でたりとバラエティーも豊富。
最後は具材のエキスがしみこんだスープに
フォーを入れて味わいます。
さらに、残りのスープにごはんを入れて
雑炊風にしてもう一杯。
食べきれないほどの量で、お腹もいっぱいです。


IMG_1.jpg
☆ベトナム春巻きとしゃぶしゃぶセット
 一人前10000W(牛肉120g)。ランチタイムはなんと8900W!

IMG_2.jpg
☆薄めの韓国産ビールとの相性も抜群!

IMG_3.jpg
☆このように一回、一回、自分で包んで食べます。
 楽しいです〜


最初は「釜山でベトナム風しゃぶしゃぶって、どうかしらん?」
と思っていた私ですが、
ヘルシーで、おいしくて、リーズナブルで、大感動!
必ずまた行こうと思いました☆

◎しゃぶトゥル:051-704-7881
ワッタカッタ☆プサニスト | comments (0) | trackbacks (0)

南浦洞で濃厚なテチュ茶

釜山に行ったら、
伝統茶の茶房でのんびり.....が幸せです。
(現実は仕事で超多忙ですが)

私は数ある伝統茶の中でも
テチュ茶(ナツメ)と
五味子茶(朝鮮五味子)、
水正菓(干し柿、生姜)が好きです。

南浦洞茶海亭
ナツメをコトコト煮込んで作った
テチュ茶(4000W)が美味なり。
いままで飲んだどこよりも濃厚で、
甘すぎない感じが気に入っています。
茶葉や茶道具なども売っていますが
なんとなく雑然とした店内も、
ローカルテイストで◯。

ちなみに、
水正菓は東京ではなかなか飲めませんが、
大久保の「いなかや」
食後に出てくる水正菓はとってもおいしいです☆

IMG_0466.jpg
☆器も素朴でいいですね

IMG_0467.jpg
☆今回のお茶うけは薫製タマゴ!

茶海亭/051-242-7211
ワッタカッタ☆プサニスト | comments (0) | trackbacks (0)

海雲台人が通う「秩父ラーメン」

海雲台の友人たちが口を揃えて
“マシイッソヨ〜〜”とおすすめする
「秩父ラーメン」
釜山で初めて、日本のラーメンを食べてみました。

店名の「秩父」は
やはり、埼玉県の「秩父」から。
秩父といえば、おそばやコンニャクの印象が強いのですが、
秩父でラーメンの修行をしたことから命名したようです。

さて、お味は
豚骨ベースで麺は細めの自家製麺。
どちらかというと、博多ラーメン系でしょうか。
道産子出身の私としては、
このスープは太い麺に絡めて味わいたかったです。

とはいっても
外国で味わうラーメンとしては
文句なくマシイッソヨ〜〜。
木をスタイリッシュにあしらったお店の造りも
渋谷や新宿辺りにあるような現代風の雰囲気。
日本でラーメンを食べているような感じでした。

場所は海雲台、ハナリゾートやゴールデンスイートがある界隈で、
さすがにお客さんもおしゃれな20〜30代が目立ちました。
海沿い、セブンイレブンがある建物の1階です。

ビールはやはり、アサヒの生でした。
(釜山人が大好きです..........)


IMG_0554.jpg
☆醤油ラーメン 8000ウォンなり!

IMG_0555.jpg
☆食後はとなりのカフェへ。ギャラリーのようでした


IMG_0557.jpg
☆ミントティーで胃もすっきり。コーヒーは薄めでした
ワッタカッタ☆プサニスト | comments (2) | trackbacks (0)

ウワサ?の隠れ家「貞林」

このブログの検索キーワードで、一番多いのが
釜山にある、「貞林」という釜山のレストランについてです。
先週、貞林で食事をし、写真も撮ってきたので
ここで再度紹介したいと思います。

貞林は、東莱市場のすぐそば、
少し奥まった地に立つ、
韓国の伝統建築物が目印です。
南浦洞や西面のような繁華街ではないため、
気軽に観光客が行く....という感じではありませんが、
ゆったりと時が流れる空間で、
ていねいに手づくりさせた料理を味わっていると
なんとも優雅な気持ちになります。

IMG_0492.jpg
☆東莱市場入口近くにあるウリ銀行の向かい


IMG_0497.jpg
☆個室もあります

ここは自然伝統韓定食の専門店。
コーススタイルで一皿一皿出てくる料理は
薬草や薬味、野菜をふんだんに用いたもの。
化学調味料は一切使わず、調味料も最低限で、
野菜本来のうま味が楽しめます。

IMG_0499.jpg
☆料理は素朴な器に美しく盛り付けられて出てきます

IMG_0500.jpg
☆野菜メインですが、お肉や魚も出るのでボリュームも満点

IMG_0504.jpg
☆見た目にも◎のおかずはチゲと一緒にどうぞ

また、薬草から作った自家製の薬酒もおすすめです。
多量飲んでも、翌日、頭が痛くならないとか。
ちょっぴり、飲んでみたら、
身体の芯からホカホカと温まりました。
IMG_0498.jpg
☆ここならではの薬酒もぜひ!


オーナーの鄭英淑さんは
自然と健康を大切に生きるすてきな女性。
畑仕事に料理に接客にと、超ハードな毎日を
過しているにも関わらず、
なにか肩の力が抜けているのが印象的です☆
先日は仕事のあとに、車で回東貯水池にある
秘密の場所に案内してくださいました!

ちなみに新世界デパートの地下でも
ここの料理を販売しています!
東莱まで行けなくても、センタムシティなら
日本人も行きやすいですね!

貞林☆電話051-221-1211
ワッタカッタ☆プサニスト | comments (0) | trackbacks (0)

釜山でオボイナル

5/8(土)は韓国の「オボイナル(父母の日)」でした。
ちょうど、釜山にいたので
よく「まかない」をごちそうになっている食堂の
オモニにお花を持っていきました。
とっても喜んで、ミョヌリが持ってきたという
オボイナルの料理をごちそうしてくれました。

釜山のチングに
「なぜ、両親一緒にお祝いするのかな」と聞いたら
「なぜ、日本は父、母、別にお祝いするの?」と
聞かれました。。。。。
時間も出費も一度で済むので、一緒のほうが
合理的だそうです。。。ナルホド。

片親の人が淋しい思いをしなくて
いいかも....と思ってみたり。

ちなみに5/9(日)の母の日のプレゼント、
まだ、実の母に送っていません。
ミアネヨ〜〜☆


oboi.jpg
小さな花かごで5000Wでした!
色使いが鮮やかなのが韓国チックですね!
ワッタカッタ☆プサニスト | comments (0) | trackbacks (0)

「釜山アクアリウム」でアフリカ展

現在、海雲台ビーチにある
釜山アクアリウムでアフリカ展を開催中。
アフリカのサソリやカエルなどの小動物のほか、
なんと、ライオン2頭とトラ2頭(4頭とも子ども)を
展示しています!
アクアリウムでライオンやトラを見るのは
ちょっと違和感もありますが......
なにか新鮮な感動があります!
お昼に行ったらみんな寝ていたので
再度、夜に行ったらけっこう動き回っていました。
そういえば、夜行性なんですね☆

動物園好きのサジンカのKさんは
「動物園は遠くにいるのを見学するスタイルが多いが
アクアリウムでは目の前でライオンを見られるのがいい」と
いっていました。
たしかに、、、
こんなに至近距離でライオンを見たのは
初めてです!

2010年7月12日まで
アフリカ展を開催しているので
期間中、釜山に行かれる方
おすすめです!

◎みんなお昼寝中です◎
aqua1.jpg

aqua2.jpg


☆twitterもぜひ☆
http://twitter.com/busanbiyori
ワッタカッタ☆プサニスト | comments (2) | trackbacks (0)

「わがまま歩き 釜山 慶州」発売中!

私、桃井のりこがプロデュースした
わがまま歩き 釜山 慶州」
(実業之日本社 1200円+税)が
ようやく発売となりました!!!

現在、羽田から釜山へと
チャーター便が飛んでいることもあり
今後、関東圏からも
たくさんの人が釜山へと
旅立つのでは思います☆

釜山への愛を込めて作り上げた一冊、
いまの釜山の情報満載です!
全国各地の書店ほか、Amazonなどで販売中。
ぜひ、ご活用ください!

wagamama.jpg
ワッタカッタ☆プサニスト | comments (0) | trackbacks (0)
Calendar
<< May 2010 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
selected entries
categories
archives
recent comments
recent trackbacks
profile
others